広瀬川ホームページ

トップページ>広瀬川研究レポート(第3回)

広瀬川研究レポート

広瀬川に関する専門的知見を大学等の研究者・有識者に、分かりやすく解説してもらいます。
なお、レポートに対する質問は掲示板で受け付け、掲示板で回答していきます。
第27回
第21回第22回第23回第24回第25回第26回
第15回第16回第17回第18回第19回第20回
第8回第9回第10回第11回第12回第13回第14回
第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回
広瀬川における木流しの歴史と流域の森林文化

掲載日:2004年12月07日

はじめに

 木流きながしとは、山林で伐採ばっさいした木を、河川の流れを利用して、流送りゅうそうすることを言います。
 仙台地方の木流しは、建築や家具等の材料にする用材や燃料に利用するたきぎ(まき)を、「管流くだながし」という方法で流していました。「管流し」とは、いかだを組んだりせずに、一本一本をバラバラと流すものです。用材は必要に応じて臨時に流され、薪はほぼ毎年のように流されていました。
 木流しは、「木伐ききり」、「山出やまだし」、「中揚なかあげ」、「大川下おおかわさげ」といった手順で行われました。「木伐り」とはその字の通り、木を伐採することです。「山出し」とは、奥山で伐採した木を、積みかえ場所まで沢等を使って運ぶことをいいます。
 積みかえ場所では、沢や川から木を取りあげ、いったん1ケ所に集め、乾燥させ、再びいっせいに流すための準備をします。これを「中揚げ」といいます。
 「大川下げ」とは、木流しの最も重要な作業の1つで、「中揚げ」の場所から、雪解け水などを利用して、いっせいに本流に木を流すことをいいます。一般の人々が目にするのは、この大川下げの光景であり、木流しといえばこの光景のことでした。
 江戸時代には名取川と広瀬川の両方を利用して、木流しが行なわれていましたが、明治時代以降には広瀬川だけで行なわれるようになりました。このような大規模な木流し以外にも、上流域の村々や組では、新川にっかわ川、青下あおした川などを利用して、自家用の薪を調達するための小規模な木流しを行っていました。

昭和初めの仙台大橋木場(石垣太千岩氏所蔵)

-

1. 仙台藩の木流し

 仙台藩における名取川・広瀬川の流木事業は、仙台城中の諸役所と、役つきの仙台藩士の屋敷に、燃料となる薪を調達・供給するための事業でした。
 流木事業のなかでも、木伐り、山出し、中揚、大川下げといった作業は、17世紀半ば頃までは、上流域の村請むらうけ(強制的に村が請け負う)という形態で行なわれていました。しかし、17世紀半ば以降になると、入札制となり仙台城下の商人による請け負いへと変わっていきました(1)。
 薪となるブナ・雑木ぞうきなどの伐採地は、広瀬川上流域は定義じょうぎ大倉おおくら関山せきやま作並さくなみ新川にっかわなどで伐採し、名取川上流域では、笹谷ささや二口ふたくち峠・野上のじょうなどで伐採していました。
 木伐り職人の7、8割は、最上・庄内・南部・津軽などの隣接諸藩の労働力を利用しており、地元農民は2、3割くらいを占めていました(2)ただし、中揚・木場きばでの木揚げ、川下げなどには、多くの地元農民が従事していました。
 そして、広瀬川の角五郎木場つのごろうきば(3)や、名取川の長町木場(4)などからは、駄送だそう (5)で薪が運搬されました。

次ページへ



←トップページへ戻る